千種区 歯科 名古屋市 自由ヶ丘 ホワイトニング 審美歯科 歯周病 小児歯科

デンタルオフィス自由ヶ丘
〒464-0044
名古屋市千種区自由ヶ丘2-10-23
グランドール千種台1F
TEL 052-753-2050
歯周病

歯周病が薬で治る?

歯周病といえば、歯磨き指導と歯石除去をしたりする歯の周りを掃除する治療などが、昔からどの医院でもされている基本的な治療でした。しかしこの治療をしてもなかなか改善せず歯肉の腫れや出血、口臭が直らずさらに歯周病で歯を失う方がいらっしゃることも事実です。

ところが、簡単に歯周病をくすりでなおす方法が見つかったのです。原因である菌を特定してくすりでその菌を退治することができるようになりました。21世紀になってから始まった最新の治療法「顕微鏡を使った歯周内科治療」です。

※この治療は健康保険の適用ができる場合があります。 詳しくは当院でご相談下さい。

どうやって治すの?

歯周病をくすりで治す4つのプロセス
1. 位相差顕微鏡での菌の確認
高性能の位相差顕微鏡で口の中の菌の状態を調べます。きれいなのか、歯周病菌はいるのか、カビが多いのか、菌の状態を調べることで最も適切で、効果的な薬を選ぶことができます。 位相差顕微鏡での菌の確認
2. 細菌除去薬剤の内服

症例-40代男性

顕微鏡写真1は、治療開始前。
トレポネーマ、カンジダが多く見られます。自覚症状は出血、ウミ、歯の揺れ、口臭、唾液のネバネバ。

顕微鏡写真2は、くすりを一週間飲んだ後。
自覚症状はほとんどなくなりました。

細菌除去薬剤の内服
3. カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き

さまざまな種類のカビの除去薬剤、あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨きで、様々な歯周病菌やカビを減少させます。


4. 除菌後の歯石とり
治療後は歯周病は感染症なので再感染、とくに性感染には気をつけましょう。.菌が感染しないように歯磨きでお口を清潔に保ち、ときどき再感染していないか定期検診を受けましょう。 除菌後の歯石とり
△ ページトップへ戻る

患者さん1000人アンケート

一週間後の自覚症状の変化
歯周病グラフ

自覚症状の強い方ほど、1週間後の変化を大きく感じます。

※国際歯周内科学研究会に許可を得て転記させていただきました。

△ ページトップへ戻る